inthegram.net

航空機 製造 事業 法

Дата на публикация: 28.09.2020

オートコリメータ 角度割出し装置 サーボテーブル リークディテクタ 磁場測定装置 振動試験機 旋回試験機 恒温恒湿試験装置. 治具中ぐり盤 水圧プレス、油圧プレス又は引張成形加工機 自動温度調整装置付熱処理設備 点溶接機 組立治具. 磁気探傷装置 蛍光探傷装置 放射線探傷装置又は超音波探傷装置 歯車検査機 ばね試験機 振動試験機 絶縁試験装置(電子式ガスタービン発動機制御装置を製造する場合に限る。) ガスタービン発動機制御装置試験機.

一  許可の年月日及び許可の番号. イ  回転翼の製造又は修理に係る許可事業者が実施する回転翼の製造又は修理に関する研修として第三十六条第一項で定めるものを受け、かつ、工場において三年以上回転翼の製造又は修理に関する第三十七条で定める事務に従事した者. 第一条  この法律は、公布の日から起算して三月を超えない範囲内において政令で定める日から施行する。. 六  統合表示装置が第三十条で定める生産技術上の基準に適合することについて製造証明をする事務 次のいずれかに該当する者. 第三十三条の三  法 第十三条 ただし書の経済産業省令で定める場合は、第二十九条の二各号に掲げる航空機用機器を用いる場合とする。.

?

イ  航空機の製造又は修理に係る許可事業者が実施する航空機の製造又は修理に関する研修として第三十六条第一項で定めるものを受け、かつ、 法 第十六条 に規定する製造工場又は修理工場(以下この条において「工場」という。)において三年以上航空機の製造又は修理に関する第三十七条で定める事務に従事した者.

一  主たる技術者の氏名及び略歴. 法 第二条の三第一項 の申請書及び 同条第二項 の事業計画書、事業収支見積書その他経済産業省令で定める書類(第六条第四項第四号に掲げる定款を除く。). 治具中ぐり盤 真空装置 ガス封入装置 ホーニング盤 超音波加工機 磁場発生装置 乾燥装置(温度の調整の可能なものに限る。) 超音波洗浄装置 第二種クリーンルーム 組立調整室. 第六条  この法律による改正前の法律の規定により不服申立てに対する行政庁の裁決、決定その他の行為を経た後でなければ訴えを提起できないこととされる事項であって、当該不服申立てを提起しないでこの法律の施行前にこれを提起すべき期間を経過したもの(当該不服申立てが他の不服申立てに対する行政庁の裁決、決定その他の行為を経た後でなければ提起できないとされる場合にあっては、当該他の不服申立てを提起しないでこの法律の施行前にこれを提起すべき期間を経過したものを含む。)の訴えの提起については、なお従前の例による。. 第六条  航空機の製造に係る許可事業者は、経済産業大臣の認可を受けた製造の方法によるのでなければ、航空機の製造をしてはならない。但し、試験的に製造をする場合その他経済産業省令で定める場合は、この限りでない。.

放射線探傷装置 燃焼試験装置. 第三条  法 第二条の二 の経済産業省令で定める滑空機は、三四・三メートル毎秒毎秒(三・五G)をこえる急旋回、宙返りおよび失速反転を行うに適する強度を有する滑空機以外の滑空機(以下「普通滑空機」という。)をいう。. 一  トラックフォーマットについては、前条第一号のフレキシブルディスクに記録する場合にあつては日本産業規格X六二二二に、同条第二号のフレキシブルディスクに記録する場合にあつては日本産業規格X六二二五に規定する方式. 五  主たる材料または部品の購入計画およびこれらの製造または修理を他に請け負わせ、または委託する場合にあつては、その計画.

様式第9 (第18条関係). 第七条  法 第二条の三第一項第三号 に規定する特定設備は、別表第一に掲げる設備またはこれと同様な機能を有する設備とする。. 第四十八条  利害関係人(参加人を除く。以下第五十三条において同じ。)又はその代理人として意見聴取会に出席しようとする者は、文書をもつて、当該事案について利害関係があることを疎明しなければならない。. 第六条  法 第二条の三第一項 の申請書の様式は、様式第一の通りとする。.

.

三  第十三条の規定に違反して製造証明のない航空機用機器を航空機の製造又は修理に用いた者. 第二十四条  法 第九条第二項 において準用する法 第六条第二項 の経済産業省令で定める生産技術上の基準は、次のとおりとする。. 五  現に行つている事業の概要を説明した書類. 三  第二条の十第一項の許可を受けないで特定設備を新設し、増設し、又は改造した者.

見出しの下にも:
レビューを書く

サイトの新着

連絡先: E-mail mail@inthegram.net